ナダールtop > ギャラリー > 過去の展示 > 米屋こうじ写真展「木造駅舎の余韻」

Gallery過去の展示

米屋こうじ写真展「木造駅舎の余韻」

米屋こうじ写真展「木造駅舎の余韻」

■出展者 
米屋こうじ

■会期 
2022年8月3日(水)~8月7日(日)
open 12:00 - close 19:00 *月曜・火曜休廊/最終日は16:00まで

展示について

鉄道写真家・米屋こうじ氏は2000年から2009年にかけて、全国の木造駅舎200棟以上を4×5カメラで撮影してきました。それから10年以上の歳月を経るなか、今も現役で建つ駅舎もあれば、建て替えや路線の廃止で姿を消した駅舎もあります。本写真展では、当時撮影した4×5のフィルムから、バライタ印画紙に手焼きしたモノクロプリントを展示します。

姿を消しつつある、木造駅舎の余韻を感じていただければ幸甚です。

【講師プロフィール】

米屋こうじ(鉄道写真家)

1968年 山形県天童市生まれ
東京工芸大学短期大学部卒業/安達洋次郎・真島満秀の助手を経て
1993年よりフリーランスに
1994年よりアジア各国の鉄道を訪ねる旅に出かける
公益社団法人 日本写真家協会(JPS) 会員

生活感のある鉄道風景のなかに人と鉄道の結びつきを求めて、日本と世界を旅しながら
撮影を続けている。

著書に『ひとたび てつたび』『I LOVE TRAIN- アジア・レイル・ライフ』
(ころから)、『旅する鉄道写真』(天夢人)など。
https://www.asiantrains.com

ギャラリーレンタルについて

pagetop