東京・南青山/写真ギャラリー&写真教室のナダール

ナダールtop > ブログ > 店長サナエのMATSUMOTO LOVE <その1 水のある街>

Blogブログ

店長サナエのMATSUMOTO LOVE <その1 水のある街>

カテゴリー: 2017-08-30更新

先日から、松本で開催している写真展「松本で写真を売る事について考える展」についてご紹介していますが、わたくし早苗は、松本の街が好きで10年以上に渡って通い続けています。そこで、わたしが松本のどんなところが好きなのかを、少しですがご紹介してみたいと思います。

◆ 清らかで澄んだ水の流れる街

松本・女鳥羽川

松本市街地には、女鳥羽川という川が流れています。大きな川ではないのですが、流れてゆく水はとても澄んでいて、特に西日に照らされてキラキラと輝く川面を眺めていると、とても懐かしい気持ちになっていきます。松本は私の故郷ではありませんが、この景色を見つめていると、こんな光景をいつかも見たよ うな気がしてくるのです。

松本は地下水が豊富で、市街地にはたくさんの井戸があります。井戸の水は飲むこともできるので、松本に行く時にはいつも、マイボトルを持って行きます。あちこちの井戸で水を汲めるので、街歩きの時に、喉が渇いて困ることはありません。

松本・街角の水路

また、街中に小さな水路がたくさんあって、街を歩いていると水の流れる音が当たり前に聞こえてきます。その絶えず流れ続ける水のお陰か、松本にはいつも新しく清浄な“気”が流れているような…

何てことのない街角で、こんな風に澄んだ水が流れていくのを眺めていると、人と水、人と自然が当たり前に隣り合って存在していることに、何故だか安心する のです。少しオーバーかもしれませんが、私も含めて人間という存在が、ここに生きていていいんだな、と感じることができるのです。だから、松本を訪れると 気持ちが安らぐのかもしれません。

きっと人は自然と切り離せない存在なんですね。そんなことを思い出せる街、それが私にとって松本です。