東京・南青山/写真ギャラリー&写真教室のナダール

ナダールtop > ブログ > 【スタッフコラム】私らしく/自分で作る。クリスマスリース

Blogブログ

【スタッフコラム】私らしく/自分で作る。クリスマスリース

カテゴリー: 2018-12-20更新

【自分で作る。クリスマスリース】

わくわくする事、やってみたい事、自分なりに楽しめるように。
「私らしく」をテーマに自由に書かせてもらっています。アシスタントスタッフのsawaです。12月に入り一段と冷えてきました。皆さまお元気ですか?

12月といえばクリスマス。
ナダールのお隣、avexさんの本社前でも大きなクリスマスツリーが飾られ、表参道の銀杏には夕暮れからきれいなイルミネーションが点灯されています。

この時期の表参道、かなりロマンチックです。

あちらこちらこら、クリスマスソングも流れ、すっかりクリスマスムード。

そんな12月。私はここ数年、クリスマスリースを作るWSに参加しています。昨年ナダールでも1日だけ、特別に企画させてもらいましたので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

デザインは自由に。
あらかじめ、作りたいクリスマスリースを調べてから作るのもいいし、その時の気分でクリスマスリースをつくります。今年はどんなリースを作ろうか、わくわくしながら作業開始です。

⚪️自分で作るクリスマスリース。

<材料>
リース台
モミ
木の実
リボン
ワイヤー
ボンド

私が参加しているWSでは、リース台はあらかじめ先生が作ってくださるので、モミをワイヤーで取り付けるところから始めます。

天然の木の実や葉、たくさんの材料から選び、配分やデザインを考えて決めます。モミをリース台にをワイヤーで一枚ずつ丁寧にくくりつけ、モミの輪が完成したら好きな木の実をバランスよく配置し糊付けします。

どれもこれも可愛らしく、あれもこれもつけたくなるところをグッとこらえ、
シンプルに仕上げるか、まるで、外国の大きな家のドアに飾るかのごとく、派手なリースにするか、ここは毎年悩むところです。

リースにはリボンが付いているものもあればないものもあります。
どちらもそれぞれに良さがあり、雰囲気が異なるので、ここも悩みどころです。

今回は雪に映えそうな、こちらのリボンを付ける事にしました。

沢山悩んで完成したリースは今年も大満足!!

糊を定着させるために1日待って、部屋に飾りました。ちょっとした遊び心も加えて。

アドベントカレンダーも作り、自分へのプチクリスマスギフト。ここは贅沢に、普段食べれない高級なチョコレートを忍ばせて♡
早くも楽しみです。

皆様も、ご自身で世界にひとつだけのクリスマスリースを作ってみてはいかがでしょうか?

♦︎もし良かったら…
皆様の「私らしく」を見せてください。Instagramにハッシュタグ「#nadar私らしく」をつけて投稿してください。皆様が日々を自分なりに楽しんでいる事、夢中になっている事など見せてもらいたいです!