東京・南青山/写真ギャラリー&写真教室のナダール

ナダールtop > ブログ > 【ナダールのお仕事紹介/第1回】プレスリリース

Blogブログ

【ナダールのお仕事紹介/第1回】プレスリリース

カテゴリー: 2017-12-16更新

ギャラリーの人って、何をやってるの?
どんな仕事をしているの?

って、思ったことありませんか?
(私は思ってました。ギャラリーの人になる前は。)

ナダールのお客さまは既にご存知だと思いますが、わたしたちは、お客さまとおしゃべりするのが大好きです。お客さまと接すること、つまり「接客」は、一番好きで、一番大切で、一番楽しいお仕事なのですが、実はそれ以外の仕事も色々あるのです。細かくて地味で事務的なあれとか、これとか、、。

そういう裏方的なお仕事について、あえて「こんなことやってるんだぜぃ!(えっへん)」と言う必要はないと思っているのですが、一方では、ギャラリーというお仕事に興味をお持ちの方も少なくないようなので、ナダールのお仕事をチラリとご紹介してみたいと思います。(注:これからご紹介していくのは、あくまでも、ナダールの場合です。全てのギャラリーに当てはまる訳ではないので、誤解しないでくださいね。)

ということで、第1回目の今回は、ギャラリーの仕事の中でも、とても大切なものの一つ「プレスリリース」について、です!

プレスリリースとは?

プレスリリースって?_1
ナダールで行う「プレスリリース」とは、新聞・雑誌などのメディア向けに、展覧会情報等を提供することです。毎月1回、各社様宛に資料をお送りしています。プレスリリースで編集部の方の目に留まれば、展覧会情報を雑誌や新聞などに掲載してもらえる可能性があります。

実はこのプレスリリース、展覧会の開催時期の2ヶ月前に発信することになっています。間際にお知らせしたのでは、誌面を作るのに間に合いませんから、2ヶ月前にはお知らせする“決まり”なのです。例えば、この間12月上旬に発信したプレスリリースは、2018年2月の展覧会情報でした。

そういうこともあって、個展などでナダールをご利用いただく場合には、遅くとも開催会期の3ヶ月前までのお申込みが必要となります。(ナダールの場合、3ヶ月前の時点で会期が空いていると、ちょっとピンチかも!?笑)

WEBだけが世界じゃない。もっと広い社会に届け!

もちろん、プレスリリースを送ったからと言って、必ず掲載いただける訳ではありません。WEBやSNSが普及していることもあって、最近はプレスリリースなしでも、展覧会情報の告知ができる時代になりました。ですが、WEB上の情報は、その情報を積極的に探してアンテナを張っている人には届きやすいのですが、受け身の人には届きにくい性質があると思います。知り合いだけではなく、より幅広い方に展覧会の開催をお知らせして足を運んでいただきたいからこそ、そのチャンスを広げられるプレスリリースを、私たちは大切にしています。

プレスリリースって?_2
それに、情報を届けるとかそういうことを抜きにしても、自分の展覧会情報が雑誌や新聞に載るというのは、純粋に嬉しいものですしね!

月末月初の時期に、私がパソコンを睨みつけて(!?)何やらパチパチやっていたとしたら、必死でプレスリリース資料を作っている最中かもしれません。