東京・南青山/写真ギャラリー&写真教室のナダール

ナダールtop > お知らせ > 第11回「#写真展」入賞者発表

Informationお知らせ

第11回「#写真展」入賞者発表

2018-08-25更新

SNSの世界へナダールが飛び込んだ?!写真展。
その名も「#写真展」。その第11回目(テーマは「夏のひと時」)、入賞者を発表いたします。
今回は、なんと500枚を超える応募(出展)を頂きました!これもこの夏の猛暑のせいでしょうか?!インスタグラムのギャラリーには、素敵な夏の風景がいっぱいで選者を悩ませました。出展頂いた皆様、ありがとうございました。

各賞の受賞作品は以下です。
おめでとうございます!

北村写真機店賞

【店長賞/ZAKI@仙台人さん】
器の水面にぼんやり揺らめく風景が、小さな頃の過去の夏祭りの映像を穴から覗き込んでいるような、そんなノスタルジーな印象を受けました。実際はお酒に反射したビールの提灯のようですが笑

 

【副店長賞/ takakoさん】
さしこむ光からは神々しい串カツしか想像できません! あとビールも(笑)。 待ちきれない期待感と空腹感あふれる夏のひと時ですね

 

【スタッフ賞/maki rainforest さん】
この夏の猛烈な暑さが写真から伝わってきました。
街中の人混み、強い日差しにクラクラしてしまいそうな夏のひと時が切り取られていてとても素敵です。

 

ナダール賞

【オーナー・林賞/biwa*さん】
おばあちゃんちを思い出しました。キッチンじゃなくて台所って感じの光が好きです。畑で出来た不揃いの野菜たちもたまりません。

 

【マネージャー・早苗賞/Yamotoさん】
お祭りの日は、暗くなってからお友達と会える特別な日だったことを思い出します。子供たちも、いつか懐かしく思い出す日が来るのでしょうね。いつまでも変わらない永遠の夏のひと時ですね。

 

【スタッフ・sawa賞/hotaruさん】
幼き頃、 盆踊りといえば浴衣を着せてもらい、金魚の尾びれのような、お気に入りの兵児帯を結って、遠くからお腹に響く太鼓の音に誘われて、家を飛び出していました。お写真を拝見し、暗闇に浮かぶ提灯の、色とりどりな淡い光が幻想的で美しく、また今では珍しいかもしれない二階建てのやぐら。そして笑顔で踊る浴衣姿の女性達。音頭が聴こえてくるようです。写真の楽しみの1つに、撮影者がどんな思いでシャッターを切ったか。また、その写真を見た人が写真に何を感じたか。意図したり、しなかったり、それは様々だと思うのです。今回の #写真展夏のひと時 はたくさんの方にご参加頂き、どれも素敵な写真で選考に苦慮しましたが、供養の為と知らずにただただ、楽しくて仕方なかった幼き日の「夏のひと時」に、タイムスリップさせて頂いたこちらのお写真を選ばせて頂きました。

 

受賞作品は、ナダールと北村写真機店で展示させて頂きます。ぜひご覧ください。

>ナダール店頭ミニミニギャラリー(ナダール賞の3作品のみ)
北村写真機店店頭(全入賞の6作品)
・会期:2018年9月1日〜30日(定休日や営業時間にご注意下さい。)