東京・南青山/写真ギャラリー&写真教室のナダール

ナダールtop > 写真教室 > ワークショップ > 観る楽しみ 開く楽しみ!「はじめての写真展示学」

Schoolワークショップ

観る楽しみ 開く楽しみ!「はじめての写真展示学」

観る楽しみ 開く楽しみ!「はじめての写真展示学」

■日程 
2019年7月6日(土)11:00 〜 15:45、 7月7日(日)11:00 〜 15:45 【2日間連続 集中講座】

概要

KOBE819GALLERYを運営し様々な写真展を企画してきた野元大意さんを講師としてお招きしての特別ワークショップ「はじめての写真展示学」を今年も開催できることになりました!

写真表現をしている方、展示などで普段から作品を発表している方、これから個展を開催しようと思ってる方、また写真を観賞するのが好きな方向けの講座です。

野元さんご自身が、実際に企画してきた写真展の例を参照しながら、また世界中の学芸員が学んでいる展示学をベースにしながら、写真展の作り方を学んでいただく講座です。写真のキャリアは問いません。写真との関わり方を今以上に充実させたいと思っている方向けの講座です。

<カリキュラム>

● Section 1:展示学とはなにか?
​展示学の基本的な考えを学び、著名な写真家やKOBE 819 GALLERYでの展示を例に、効果や方法を学びます。

● Section 2:写真展を成立させるために
総合的に写真展を成立させるために必要な5つの要素を知り、写真展の構成力を高めることを学びます。

● Section 3:効果的な展示方法
展示デザインや人間的要因、行動傾向について、データを参照に学ぶことで有効かつ効果的な展示方法を考えます。

● Section 4:展示の現場
講座の総仕上げとして、体感ワークを実施し、写真展をつくる体感をしていただきます。

【受講者の声】

★ 座学だけでなく、実際の展示を考えるグループワークがあったのが良かったです。何を目的としてどんな意味を写真展にもたせるのか、色々アイデアが聞けたのも楽しかったです。

★ 学問としてきちんと学べたのが良かったです。受講して、鑑賞者目線になるここと、コストと計画を考えることがより重要であるとわかりました。撮って終わりではなく順序立ててプランを考えていくことが、今後楽しくなりそうです。

★ ギャラリーと美術館では、いろいろ視点が違うことがわかりました。とても濃い2日間で、久々にノートをたくさんとりました。集中講義として期待以上の内容でした。続編をぜひ開催してほしいです。

★ 展示の考え方を改めて整理することができました。個展開催予定があり、不明だった点や、自分の考えになかったことを気づかせてくれたことが、大きな収穫でした。

★ 欧・米・日のアートの立ち位置についての話と、グループワークが印象に残りました。展覧会開催にあたってPDCAをしっかり意識することが大事だと感じました。

*2018年9月に開催した際のレポートはこちら
https://g-nadar.net/staff_blog/s181005

<講師プロフィール>

野元大意 (KOBE 819 GALLERY 代表)

1980年 滋賀県大津市生まれ。
2004年 大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業(在学中、ナダール大阪にてバイト)
2012年 Kobe 819 Gallery 開廊
2016年 神戸元町にKOBE 819 GALLERYに移転

【KOBE 819 GALLERY 企画】
2013年 『SHIGOTOBA』 島田洋平
    『Milk ME !!!!!』 櫻井龍太
2014年 『biwakoseries』 山下智史
2015年 『Profiling 死から不死へ』 竹下想
2016年 『Tenacity Blues Diary』 新保勇樹
    『Quiet Life』 前田春人
2017年 『“A WEEKEND WITH MR.FRANK”』日比遊一
2018年 『A=A A≠A(mountain)』ヒガシジユウイチロウ
    『無限スクロールの終わる夜に』竹下想
2019年 『さようならのはじまり』奥山淳志
その他、多数


【その他】
・2013 年
『5 Artist Exhibition』 阪急メンズ大阪(プランニング、コーディネイト)
『ヒルトンプラザ オータムイベント Visual Tower Photo By SHIMADA YOHEI』ヒルトンプラザ(ディレクション)

・2014 年
『SAMURAI BLUE 戦いの軌跡 1993−2014』朝日新聞報道写真展 東京ミッドタウン(ディレクション)

・2015年
『ONWARD Compe‘15』Fhiladelphia(展示設計・設営)

・2017 年
『FOTOFEVER PARIS 2017』 CARROUSEL DU LOUVRE(フェア出展)

・2018年
『KG+ AWARD 東地雄一郎 A=A A≠A(mountain)』元淳風小学校(キューレーション)

日時 2019年7月6日(土)11:00 〜 15:45
2019年7月7日(日)11:00 〜 15:45

※2日間の連続講座です。2日間ともご参加いただける方のみお申し込みいただけます。
場所 ギャラリー晴れ(ナダールの隣)
スケジュール ● 1日目:7/6(土)

 11:00 〜 13:00 / 展示学とはなにか?
    (昼休憩 45分)
 13:45 〜 15:45 / 写真展を成立させるために


● 2日目:7/7(日)

 11:00 〜 13:00 / 効果的な展示方法
    (昼休憩 45分)
 13:45 〜 15:45 / 展示の現場
定員 8名(最小催行人数:4名)
参加費 24,840円(税込)